40代の化粧品の選び方


40代の化粧品の選び方

子育てなどから解放されて自分自身に余裕をもちはじめる40代の化粧品の選び方は、これまでの化粧品ブランドを変えてみることに力点を置いてみましょう。
CMなどで主流になっている大手化粧品メーカーの商品では肌には物足りなさを感じるところか、肌になじまないなどの不満が出てしまいます。保湿化粧品でも年齢肌に特化した化粧品を選ぶようにします。

部分的に使える美容液などをプラスし、しわやたるみに直接働きかけて肌に張りをもたせて行く工夫も始めてみる年齢になります。それでも年齢的にシミやくすみなどが気になる年代でもありますので、カバー力が強いコンシーラーや美白成分配合の基礎化粧品などを揃えていくと良いでしょう。また毛穴も目立ち始めたり、毛穴がシワと一緒に帯状に連なってしまう現象も見られ始めます。
紫外線ケアの化粧品は引き続き選ぶように心がけましょう。

ファンデーションの選び方は、これまで選んでいたファンデーションよりワントーン暗めのものを選んでもよいでしょう。20代用の化粧品を選ぶと肌なじみがよくない場合もあります。口紅の色などはまだまだ30代と同じような色の選び方でも構いませんが、青みがかったローズやオレンジ系の色はできるだけ卒業するようにしましょう。グロスをプラスするだけでフレッシュさを演出することができますし、大人の色気を見せることもできます。
ただし、あまり濃い目元や赤過ぎる口紅などを選ぶといやらしい印象を与えてしまうので、化粧品の選び方は勿論のこと、年齢なりのメイクの手法も勉強していくようにしましょう。